日本某廣告倡導“女性不准上大學”?知道真相的網友表示……

原创 大和小站編輯部  2018-04-11 18:44 
阿里云免费代金券,购买阿里云产品前先领券更优惠!

「女は大學に行くな、」という文言から始まる広告が、ネット上で話題になっています。製作したのは神戸女學院大學(兵庫県西宮市)です。かつてそういう時代があったこと、それが変わって新たな迷いや葛藤に直面していること、などをつづった內容です。どのような思いで製作したのか、広報擔當者に話を聞きました。

“女人別上大學”從這句話開始的廣告,在網絡上成為話題。廣告製作者是神戶女學院大學(兵庫縣西宮市)。內容大概是過去曾有(女人別上大學)的時代,現在情況改變了,需要直面新的迷茫與糾葛。到底是基於什麼想法製作了這個廣告呢?來聽聽宣傳負責人是怎麼說的。

ツイッターで話題に

在推特上成為話題

今月3日にツイッター投稿された畫像。そこには、電車內に掲出された神戸女學院大學の広告が寫っています。パッと目を引くのは、大きく書かれた「女は大學に行くな、」の文字。書かれている內容は以下の通りです。

本月3日一張圖片被投稿在推特上,圖上是電車裡張貼的神戶女學院大學的廣告。首先映入眼簾的便是寫著“女人別上大學”的大字。廣告內容如下:

女人別上大學,曾有過這樣的時代。
當職業主婦是理所當然的,女人結了婚就離開公司不再工作是肯定的。
時代已經改變了,變化最大的,可能是讓女性做出選擇的引力。

如今在女性眼前的選擇越來越多。
因此,這是一個要直接面對新的迷茫與糾葛的時代。
“沒有正確答案”。那種不確定性,雖帶來不安,但更應將其視作自由來歌頌。

我們能夠去學習。
這種絕不是理所當然的幸福,請不要忘卻,請加倍珍惜。
我對自己,仍然一無所知。

広報擔當者に聞きました

採訪了宣傳負責人

この投稿に対して、「ビックリしましたが、最後まで読んでほっとしました」「ええ広告やなあと思って見てました」「なんかなぁ……」といったコメントが寄せられ、リツイートは4千、いいねは7千を超えています。

對於此投稿,“雖然嚇了一跳,讀到最後總算舒了一口氣”“覺得是不錯的廣告”“怎麼說呢……”諸多此類的評論,轉發數四千,點贊數超過了七千。

どのような狙いで製作された広告なのか?神戸女學院大學學長室の広報擔當者に話を聞きました。

這一廣告是以什麼意圖製作的呢?我們採訪了神戶女學院大學校長室的宣傳負責人。

——この広告はどこに掲出されているのでしょうか

——這張廣告是在哪裡刊登的呢?

JR西日本の普通電車と阪急電車全線のドア橫です。

JR西日本的普通電車和阪急電車全線的車門邊上。

——どのようにして製作したのでしょうか

——是如何製作的呢?

コピーの製作はコピーライターさんにお願いしましたが、コンセプトのすり合わせから、案の検討などはこちらが主體的に行いました。

文案請了專業的寫手,不過還是以我們為主導,就主旨概念進行研討後決定的。

——この広告に込めた思いは

——廣告所蘊含的想法是?

新制大學として設置認可された最初の12大學の1校であることと、この春に大學に入る方に向けてのメッセージも込めました。

我們是最初被認可開辦的12所新體制大學的其中一所,廣告中包含了想要傳達給春季將要入學的學生們的訊息。

「女は大學に行くな、」が大きく出ているので目立ちますが、本當に伝えたいのは「『正解がない』。その不確かさを、不安ではなく、自由として謳歌するために。」というところです。

“女人別上大學”一句雖然非常醒目,但真正想要表達的則是“人生沒有正確答案”。那種不確定性,雖帶來不安,但更應將其視作自由來歌頌。

何事にも正解を見いだしにくい今の時代だからこそ、本學が志向するリベラルアーツ教育の意味があると考えます。そして、大學時代だけでなく、その後の人生においても學び続けてほしいと願っています。

正因為處於任何事情都難以找到正確答案的如今,本校對學生進行的人文教育是有現實意義的。不僅是大學時代,也希望每個人在今後的人生路上,也能不斷學習不斷成長。

日本網友們也紛紛表達了自己的想法。

現在的我已經50歲了。在我讀大學的時候,雖然已經宣稱男女平等與就業機會均等,但是現在回過頭來看,當時依然有非常強的觀念認為女生讀短期大學或者職業學校就可以了。那是因為當時有“如果女生過於聰明,優秀,就嫁不出去了。”的錯誤的想法。

現在自己已經不是當年的“傻瓜”了,優秀不分男女,這樣的社會不是更好嘛?

現在已經三十多歲的我是在父母“女生不需要學習太好,讀大學是浪費”的觀念下長大的。但自己憑藉著努力考入大學並獲得了獎學金,每天兼職打工。現在的我靠著自己的努力賺錢,和丈夫一起參與工作,同孩子一起過著比較充裕的生活。

“ 學習好的女生結不了婚,會被男生討厭的。 ”在和老師進行升學面談前,母親的這句話一直浮現在我的腦海。

現在的情況不是特別了解。但是在20多年前,有很多大人會給你忠告說:“女生要是學太多的話就會變得不可愛,嫁不出去了。”

高中畢業後就職曾被人說“女生就像聖誕蛋糕,過了25歲就沒人要了。”

不過確實現在對於女生來說有更多的選擇方式了。

在2016年大熱的日劇《逃避雖可恥但有用》中,新垣結衣就塑造了一個因為“高學歷”反而被公司“嫌棄”的女性形象。

『逃げ恥』のみくりは「小賢しさ」がコンプレックスだった

《逃避可恥》中的實栗自卑於自己的“小聰明”

『逃げ恥』の主人公・森山みくり(新垣結衣)。高學歴で分析的な彼女は、自分の持つ「小賢しさ」にコンプレックスを感じていた。

《逃避可恥》的主人公森山實栗(新垣結衣飾),是一位高學歷、具有分析能力的女性,卻對自己所擁有的“小聰明”自卑不已。

◇「高學歴」で「優秀」なことが、みくりの職場では邪魔になる

高學歷的“優秀”,反而成了實栗在工作場合中的障礙

第1話は、みくりが大學院を出ても希望の就職先につけず、派遣社員として働いているところから始まる。

第一集裡,實栗即使研究生畢業,也無法進入想進的公司,只能作為派遣職員工作,故事由此展開。

派遣先の上司の指示が雑だったり、私物のタンブラーの洗い物を頼まれたりしても、「いちいちもめるのも嫌なんでこれくらいは」と明るくふるまい、「そういう不満も含めてのお給料だと思えば頑張れる」と受け入れる。

派遣公司的上司,給出的指示很混亂,而實栗就算被要求清洗他私人的杯子,也開朗地認為“樣樣計較也麻煩,就這點小事無所謂了”,而且想著“工資裡也是包括這些不滿情緒的,努力加油吧”。

そんなみくりの姿が、TBSのドキュメンタリー番組『情熱大陸』風の音楽やナレーションで描かれる様子は非常にシニカルに映る。こうした派遣社員の果たす役割は重要だが、『情熱大陸』にとりあげられる人からは遠いからだ。

實栗這樣的模樣,用TBS的紀錄片節目《情熱大陸》風格的音樂及解說描繪出來,看起來十分諷刺。派遣職員的作用雖然重要,但和《情熱大陸》裡出現的各領域頂尖人物相去甚遠。

みくりは、Excelを使って會議資料をさくさくと作り、もう一人の派遣社員にも教えるほど仕事ができた。

實栗用Excel製作的會議資料有口皆碑,還指導另一位派遣職員,工作能力很強。

それなのに、ある日突然、自分だけが派遣切りにあう。理由は、「どっちかひとり選べ」と言われた上司が、「大學院まで出て優秀」だから、みくりには「うちなんかよりもいいところがある」と判斷したからだった。

然而突然有一天,自己卻突然被辭退了。究其理由,上司居然說“因為只能選擇一個人”,“研究生畢業、優秀的”實栗,“比起在我們公司,應該去更廣闊的天地。”

高學歴が、かえって邪魔とみなされてしまった。

高學歷,反而被視作一種障礙。

◇波風を立てる「小賢しさ」も、歓迎されなかった

能乘風破浪的“小聰明”,也不受歡迎

みくりは、かつての彼氏に「お前小賢しいんだよ」「批評ばっかりするな」と言われ、ふられた過去がある。それが、コンプレックスとして描かれていた。

實栗曾被過去的男朋友說“你就是小聰明”“別老是批評別人”,而被甩了。這一點,作為她的自卑被描繪出來。

高學歴に加え、「小賢しい」ということも、世間の求める「普通の女の子」として生きていくには邪魔なのだ。

高學歷,再加上“小聰明”,成了想作為世間要求的“一般女孩子”生存下去的障礙。

人生沒有正確答案。去年SK2的廣告「期限なんてない」(《人生不設限》)引發了大家的共鳴。

不管到了幾歲都能“自由戀愛”嗎?我們為什麼一定要去在意別人的眼光?如果到了三十歲還無所作為,我們的價值就會降低嗎?希望每個人都能找到屬於自己的答案。

本文地址:http://www.diliqili.com/47394
关注我们:请关注一下我们的微信公众号:扫描二维码大和小站的公众号,公众号:aiboke112
版权声明:本文为原创文章,版权归 大和小站編輯部 所有,欢迎分享本文,转载请保留出处!
腾讯云免费代金券,购买腾讯云产品前先领券更优惠!
阿里云免费代金券,购买阿里云产品前先领券更优惠!

发表评论

您必须 登录 才能发表留言!

123